FC2ブログ

Stardust Cafe **縮小営業再開**

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

【観劇録】慶長グランド・ロマン野風の笛/グラン・ファンタジーレヴュー誕生

2003年 6月21日(土) 15:00開演 宝塚大劇場 花組公演

VISA貸切公演チケットをゲッツ!
久々の轟様です。しかも大劇場で轟様を見るのはお初です。
どこで観ても一緒ぢゃんというツッコミはなし(苦笑)。
そして最近星組の次に気になる花組公演です。



…というわけで行って来ました花組貸切公演。久々の大劇場です。二階席で、遠目だったけどね。

*慶長グランド・ロマン 野風の笛

松平上総介忠輝(轟 悠)…家康の六男。生まれてすぐ家康に「鬼っ子」と忌み嫌われ捨て童子として育つ。
花井主水正義雄(春野 寿美礼)…忠輝の家臣。五郎八への想いを胸に秘め、忠輝のために影腹を切る。
五郎八姫(ふづき 美世)…伊達政宗の娘、忠輝の妻。
柳生宗矩(瀬奈 じゅん)…将軍秀忠の武芸指南役。

おはなし
忠輝は家康に「鬼っ子」と疎まれ、養子に出されるが、そのおかげで主水正と兄弟のようにのびのびと育ち、語学や医術に長けた青年に成長。兄の二代将軍秀忠は忠輝の才能を恐れ、暗殺命令を下す。柳生一族が忠輝を襲うが、ことごとく失敗。忠輝は、豊臣秀頼との義兄弟の誓いを守るため大阪夏の陣に参戦せず、主水正が影武者を務めるが、そのことが原因で謹慎・勘当を命じられる。このとき家康は、秀忠を将軍にしたことを後悔し、信長、秀吉から受け継いだ名笛「野風の笛」を主水正を通じ、生き形見として忠輝に託す。謹慎中の忠輝に窮地を救われた家康は忠輝を守るため、軍資金二〇〇万両を与え、キリシタンを地下に潜伏させるよう命じるとともに、忠輝を利用して家康の死後天下を狙おうとする伊達政宗の野望を阻止して欲しいと頼む。忠輝は五郎八を離縁、城も開け渡し、主水正に暇を出すが、主水正は将軍家に諫言するため影腹を切り、秀忠の前で忠輝に手出しすることのないようにと告げ、柳生宗矩に「野風の笛」を託し、五郎八への思いを胸に秘めたまま自害する。宗矩から「野風の笛」を受け取った忠輝は、生涯「鬼っ子」として生きていく決意をする。


原作読んで予習はばっちり。CSで、ダイジェストも見てたので、ストーリーはよくつかめました。原作の、超人的な忠輝がどう料理されているか見物でしたが、そこは宝塚。教養あって武将の器ではあってもいくさは好まない、上品なお大名様に仕上がってました。幼少時から兄弟のように育ったという設定の主水正と一緒に付家老で主水正の父三九郎(未沙のえるさん)をからかうところなど大爆笑。
でも主水正が影腹切って五郎八への想いを秘めたまま自害するところ、息を詰めて観てました。
そして!なんといっても柳生宗矩!(あれ?あんた轟さん目当てじゃなかったんかい?!)
えっ、…あーいや(焦)。おいらの中での『いけないフェロモン』撒き散らす轟さんフィーバーは最近一段落して、目下わたるしゃん熱をも凌ごうかという勢いの瀬奈さんへの嵌りっぷりといったら。いつからおいらはこんなに無節操になったんだろう…。
余談ですが、開演前「TAKARAZUKA REVUE 2003」という本を購入、開演前に眺めていました。瀬奈さんのページ・・・「そんな目で見つめちゃイヤン(悶)!」なほど鼻血ブーな表情でしてコレがまた(^^;) 『いけないフェロモン』に対して『俺様フェロモン』とでも申しましょうか。さすがは柳生新陰流(違)。

*グラン・ファンタジー レヴュー誕生

パリ・レヴューのショー作りのスタッフ(振付家・音楽家・衣装デザイナー・ショースター等)をメインにしたバックステージもの。

コレも見所(っていうか一番見たかった場面)は瀬奈さんのクレアトール。ぶっちゃけオカマの衣装デザイナーです。ぶっちゃけおいらこの手のオカマちゃんキャラに弱いです(爆)。遡ればウッチャンの「ホワイティ」、宮迫の「車・車・車、車3つの轟」など。

あとはトップコンビのデュエットダンス、で途中から歌で絡む瀬奈さん(笑)。←いや、笑うところじゃないって。ステキな場面でした。瀬奈さんに釘付けでにやけっぱなし。もーどーにでもしてー♪

スポンサーサイト
  1. 2003/06/21(土) 15:00:00|
  2. TAKARAZUKA
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<【観劇録】王家に捧ぐ歌~オペラ「アイーダ」より~ | ホーム | 【観劇録】蝶・恋~燃え尽きるとも~/サザンクロス・レビューⅢ>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://gin125067.blog42.fc2.com/tb.php/31-c83747b1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

じんべえ

Author:じんべえ
当店は、Cafeを名乗っておきながら、茶菓子の一つも出さない不親切極まりないブログです。
主な取扱品目は日々の愚痴、宝塚などに関するあれやこれや。
基本的に24時間営業ですが、お客様のニーズにあったサービスを提供しようなどという気は毛頭ありません。
お冷や、おしぼりはセルフでよろしくピース★

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

占いモンキー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。